記事

仕事 辞めたい代行ガイド

いま話題の退職代行サービスとは?

退職代行サービスとは、自分の代わりに会社に退職の意向を伝え、退職に関して一連のプロセスを本人の代わりに進めてもらえるサービスです。

このサービスは、特にご自身で会社と交渉することが難しい人々に利用されていて、すぐに職を辞めたいと考えている人にとって退職代行サービスを利用することは、スムーズに退職を進められる理想的なサービスです。

現在多くの退職代行サービスが存在していて、市場は競争が激しくなっています。
この状況では、円満な退職を実現するためには、適切な退職代行業者を選ぶことが重要なポイントとなっています。

退職代行サービスを利用している人はどういう人?

まず、退職代行サービスを利用している人はどのような人なのでしょうか?

退職代行サービスを利用する人の理由として多いのは、

  • 会社へ退職届けを出しても、会社側から色々と理由付けをされてしまい退職を認めてもらえない
  • 勤め先がブラック企業
  • 勤め先の将来性に不安を感じる
  • 上司のパワハラやいじめ

などです。

また、【退職届を自分で提出する勇気がない】という理由で退職代行サービスを利用する人も多いです。

企業側の対応と利用すべき退職代行サービスの種類

法律を理解している企業は、従業員から退職の申し出があった場合に、受理を断ることが違法であることを理解しているので、退職に向けた適切なプロセスを進めていきます。

しかし、一部の企業では、従業員の退職を阻止しようと考えるケースも珍しくありません。
彼らは、退職代行サービスからの電話があった時、そのサービスは弁護士なのか民間業者なのかを見極め、それに応じて異なる対応を取ります。

一般の民間業者からの場合、交渉に応じると法的な問題が生じる可能性もあるため(退職に関する交渉は弁護士もしくは労働組合が運営している代行会社のみが扱えるため)、会社は交渉を避ける傾向があります。

このように「代理人ではない業者とは交渉しない」という姿勢を取ると、依頼者は行き詰まり、会社から離職票などの必要な書類を受け取ることができなくなります。
これにより、退職が困難になったり、退職に時間がかかったりする可能性が高まります。

ですので、退職代行サービスを利用する際には、

  1. 労働組合が運営しているサービス
    退職手続きOK会社との交渉OK・損害賠償請求NG)


  2. 弁護士法人が運営しているサービス
    退職手続きOK会社との交渉OK損害賠償請求OK


  3. 弁護士もしくは労働組合と提携していている民間業者サービス・・・但し料金的に労働組合が運営しているサービスの相場と変わらないのでおすすめできません。
    退職手続きOK・会社との交渉NG・損害賠償請求NG)


ですので、①もしくは②のどちらかの2択になります。

弁護士もしくは労働組合と提携している民間業者サービスについては、料金的に労働組合が運営しているサービスの相場と変わらないので、直接交渉ができることが法律で認められている労働組合が運営しているサービスを利用する方がおすすめです。

退職代行サービスを利用するメリットとデメリット

退職代行サービスを利用するメリット

  • 早期の退職が可能(最短即日)
  • 会社側の上司や人事部の担当者と会う必要がない
  • 有給休暇の消化を交渉できる
  • 退職までの一連の作業を委託できる
  • 会社への返却物や私物の回収、離職票の入手まで任せられる
退職代行サービスを利用するデメリット

  • 退職代行サービスに支払う費用が発生する

退職代行サービスの費用の目安

以下が退職代行サービスの種類別の費用目安です。

  1. 労働組合が運営しているサービス
    退職手続きOK会社との交渉OK・損害賠償請求NG)
    2万円〜3万円


  2. 弁護士法人が運営しているサービス
    退職手続きOK会社との交渉OK損害賠償請求OK
    5万円〜8万円


  3. 弁護士もしくは労働組合と提携している民間業者サービス・・・但し料金的に労働組合が運営しているサービスの相場と変わらないのでおすすめできません。
    退職手続きOK・会社との交渉NG・損害賠償請求NG)
    2万円〜3万円


ご自身のお勤めの会社の状況に応じて、上記①、②のどちらかの退職代行サービスを利用してください。

サービスの選び方まとめ
  • 退職の意向を伝えればスムーズに退職できるような職場にお勤めの場合:

    コストも抑えられる①の「労働組合が運営しているサービス」が適しています。もしも交渉が発生した場合も、会社との交渉が認められているので安心です。


  • 退職時に強引な引き止めや嫌がらせ、その他手間のかかる事態が予想される場合:

    トラブルを避けるために②の「弁護士法人が運営しているサービス」を利用することをお勧めします。


  • 退職することに難色を示す可能性があるような職場にお勤めで、会社との交渉は必要になる可能性はあるが、損害賠償請求には進むことはないと考えられる場合:

    会社との交渉も可能で、コスト的にも抑えられる①の「労働組合が運営しているサービス」が適しています。


おすすめの退職代行サービス

それでは具体的に、当サイトおすすめの退職代行サービスをご紹介させていただきます。
【PR】

リーガルジャパン

即日退職サポート・有給消化サポート!

明日から出勤したくない・・・。
そんな時はリーガルジャパンの退職代行サービスで、即日退職!新しいキャリアの第一歩をサポートします。

即日退職でも大丈夫!明日から会社行きたくないを叶えます!

ストレスや過労ですぐにでも会社を辞めたい人でも、違法にならずに即日退職できるよう徹底的にサポートします。
相談したその日から職場への連絡は不要です。

安心安全の労働組合運営だからサポート体制もばっちり!!
リーガルジャパンは労働組合が運営しているので、退職の意思を伝えるだけではなく、有休消化などの会社との交渉にも対応できます。

退職して終わりじゃない!退職後のフォローも充実

「退職後も連絡がくる」「給与が振り込まれていない」退職後によくあるこんなお悩みもリーガルジャパンがしっかりフォローします!

・離職票などの必要書類の受け取りもサポート
・転職先が未定の場合は、転職支援も実施
・最大200万円受け取れる失業保険もご紹介

総合評価

公式ページで詳細を見る

退職代行 即ヤメ

上司と話すことなく、即日対応で、どこよりも速くスピード退職!!

安心・安全の完全後払い制に対応!!

即ヤメ率100%

会社に置きっぱなしの私物も郵送で回収!

無断欠勤してしまっている人もOK

会社への連絡は即ヤメが代行いたします。
退職届の提出や貸与品の返却も郵送でOKですのでご安心ください。

<<退職代行即ヤメが選ばれる3つの強み>>

安心・安全の後払い制
退職代行即ヤメは完全後払い制を導入しております。(審査あり)弁護士監修のためコンプライアンスにも徹底しております。

スピード24時間即日対応
ご相談いただいた当日すぐに退職の連絡が可能です。(最短10分)

会社への出社・連絡不要
会社への連絡は即ヤメが代行いたします。退職届の提出や貸与品の返却も郵送でOKです。

総合評価

公式ページで詳細を見る

退職代行 ネルサポ

明日から会社に行かなくてもいい!!

安心・安全の完全後払い制に対応!!

退職成功率100%

全てコミコミ追加料金一切なし!

退職成功率100%の実績がある人事のプロが円満退社をサポートします!

プライバシーを最大限考慮して退職まで徹底サポート致します
退職代行ネルサポは退職後も回数無制限で無料相談が可能です!

万が一退職できなかった場合は全額返金いたします

総合評価

公式ページで詳細を見る

退職代行 TORIKESHI

LINEで退職代行!!

めんどくさい手続きはぜんぶお任せ!
LINEで気軽に退職代行するならTORIKESHI

TORIKESHI との連絡は、すべてLINEでOK!
「退職するかどうか迷っている」というご相談でも、ご対応させていただきます。
一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。

職場への連絡不要!
もう顔を合わせる必要はありません
TORIKESHI があなたに代わって、職場に退職する旨を伝えさせていただきます。必要な手続きも郵送ですむので、顔を合わせることなく退職することができます。

アフターフォローも充実!
転職/失業保険もサポート
離職票や雇用保険被保険者証など、必要書類の受け取りまでしっかりサポート!転職先が未定の場合は、無料で転職支援も実施しています。

総合評価

公式ページで詳細を見る

弁護士法人ガイア

経験豊富な退職成功率100%の
弁護士にお任せください!!

退職に必要な手続きは全て代理します。

もう、明日から出社しなくて大丈夫です!!

<<退職までの流れ>>

①あなたの代わりに退職を伝えます。

②有休消化の交渉を行い消化させます。

③離職票など必要な書類を会社から取り寄せます。

④未払いの残業代、退職金の交渉を行います。

⑤退職完了

この間、あなたや家族の方に接触したり連絡したりしないように伝えます。

総合評価

公式ページで詳細を見る

弁護士法人みやび

もう二度と出勤せずとも
即日で円満退社が可能!!

弁護士法人みやびの退職代行サービスなら
頼れる弁護士があなたの退職を丁寧にフルサポート致します!

<<弁護士法人みやびが選ばれる理由>>

①出勤することなく即日円満退職でき、直接のやり取り一切不要

②有休消化・残業代・退職金・未払い給与を請求&交渉

③全国どこでも対応

④通常では困難なケースも安心して任せられ、損害賠償請求への対応も可能

⑤最初に24時間いつでもLINEやメールで無料相談対応

総合評価

公式ページで詳細を見る

退職手続きの概要

退職手続きは、従業員が組織を離れる際に行う重要なプロセスです。以下は、一般的な退職手続きの概要です。

退職の申し出

最初に、従業員は退職の意向を雇用主に申し出ます。これは通常、事前に予告期間を設定する必要があります。

予告期間

予告期間は、退職者と雇用主の双方にとって重要です。通常、予告期間中は仕事を続け、引き継ぎプロセスを進めます。

手続き書類の提出

退職手続きの一環として、従業員は必要な書類を提出する必要があります。これには、退職届、健康保険証、年金手続きなどが含まれます。

社内のプロセスと連絡

雇用主は、退職者の上司や関連部門に退職の情報を伝え、プロジェクトの引き継ぎなどのプロセスを開始します。

給与と手当の精算

給与、残業代、未使用の有給休暇など、退職者に支払われるべき金額を計算し、精算が行われます。

退職金の手続き

一部の企業では、従業員に対して退職金が支給されることがあります。退職金の手続きも行われます。

健康保険の変更手続き

従業員は、退職後の健康保険の変更手続きを行う必要があります。これには、新しい健康保険への加入や、医療費の請求手続きが含まれます。

年金手続き

退職者は、年金手続きも行う必要があります。これには、年金の申請や受給方法の選択が含まれます。

社有資産の返却

従業員が持っている社有の資産(例:ラップトップ、携帯電話)は、返却する必要があります。

退職面談

最後に、従業員と雇用主の間で退職面談が行われ、経験やフィードバックが交換されます。

退職後のフォローアップ

退職後も、健康保険や年金などの手続きや、連絡先の更新などが必要です。定期的なフォローアップが重要です。

まとめ

退職手続きは、組織と従業員の両方にとって重要なプロセスであり、適切に実行することが大切です。従業員は事前に準備し、雇用主も円滑なプロセスをサポートする役割を果たします。